ミキシング



混合は、人類の歴史上最も古いプロセスです。混合することにより、材料に活用できる特性を与えます。ほとんどの食品、衛生用品や治療薬は混合プロセスで得られたものです。以前は、材料が混合し難い場合や、混合物が安定しない、又は安定性が悪い場合がありました。100年の間に新しい混合技術が開発され、IKAでは困難な混合要求に対して模範的な結果を提供できるようになりました。

混合とは、エネルギー投入と連動していくつかの素材を結合させるプロセスです。混合度合いを予測することは困難です。それら材料の凝集状態、多様な化学的、物理的特性が違うからです。密度(かさ密度)及び粘度などの材料のパラメーターが混合プロセスにおいて重要な意味を持ちます。これらのパラメーターは、必要なエネルギー投入量、可能な混和性及び混合物の安定性を予想するのに役立ちます。

凝集状態により、IKAの混合技術は主に以下のアプリケーションに使用されます。
  • 液体の混合
  • 液体と固体の混合
  • 固体の混合
  • 気体と液体の混合(エアレーション)
IKAでは多様な混合生産プロセスに対応できる数多くの装置を取り揃えております。:
  • バッチ処理での混合
  • 循環プロセスでの混合
  • 連続プロセスでの混合
IKAの製品

ソリューション

撹拌機
インライン分散機
バッチ分散機
混練機
プロセスプラント
固液混合機
パイロットプラント
真空ドライヤー/ミキサー